ホーム - 取り扱い商品 - 原材料 - 液体下面発酵酵母 詳細

液体下面発酵酵母 詳細

ラガーイースト各種の概要です。 WLP-830は常時取り扱いがありますが、それ以外は特注の場合が多いため早めにお問い合わせください。

WLP830
ジャーマンラガーイースト

希薄化:74~79% フロキュレーション:中 発酵最適温度:10~12.8℃ アルコール許容値:中

最も代表的なラガーイースト。非常にモルティーで澄んでおり、ジャーマンラガー、ピルスナー、オクトーバーフェスト、メルツェンなどに。

WLP800
ピルスナーラガーイースト

希薄化:72~77% フロキュレーション:中~高 発酵最適温度:10~12.8℃ アルコール許容値:中

最初にピルスナーを作ったチェコの醸造所由来の伝統ある酵母。モルティーなフィニッシュとともに幾分ドライな感じで、ヨーロピアンピルスナーの生産に最良。

WLP802
チェコ ブデヨヴィツェラガーイースト

希薄化:75~80% フロキュレーション:中 発酵最適温度:10~12.8℃ アルコール許容値:中

チェコ南部由来のピルスナーラガーイースト。ドライでクリスピーなラガー、ディアセチルの生成は低い。

WLP810
サンフランシスコラガーイースト

希薄化:65~70% フロキュレーション:高 発酵最適温度:14.4~18℃ アルコール許容値:中~高

“カリフォルニア コモン”スタイルビールを造るのに使用される。ラガーの特徴を維持しつつも最高約18.3℃で発酵が可能なユニークな酵母。また、発酵温度を10℃に下げてメルツェン、ピルスナー他のスタイルのビールの生産も可能。

WLP820
オクトーバーフェスト/メルツェンラガーイースト

希薄化:65~73% フロキュレーション:中 発酵最適温度:11.1~14.4℃ アルコール許容値:中~高

非常にモルティーでボック風のビールが出来る。WLP830ほどドライな仕上がりではない。WLP830に比べ第1世代イーストの発酵が遅いので、多めの酵母を使用するか、貯蔵時間を長めにすることをお勧めする。

WLP833
ジャーマンボックラガーイースト

希薄化:70~76% フロキュレーション:中 発酵最適温度:8.8~12.8℃ アルコール許容値:中

南部バイエルン地方アルプスのイーストで、モルトとホップの双方の特徴に程よくブレンドされる。このすばらしいモルト感がボック、ドッペルボック、オクトーバーフェスタスタイルのビールにとても適している。用途が広く、バランスもよいため、クラシックアメリカンピルスナー用として絶大な人気を得ている。ヘレススタイルにもよい。

WLP838
南ドイツラガーイースト

希薄化:68~76% フロキュレーション:中~高 発酵最適温度:10.0~12.8℃ アルコール許容値:中

モルティーな仕上がりとバランスの取れたアロマが特徴。強い発酵で、硫酸塩が少々生成され、ディアセチルは低い。

WLP840
アメリカンラガーイースト

希薄化:75~80% フロキュレーション:中 発酵最適温度:10.0~12.8℃ アルコール許容値:中

アメリカンスタイルラガーに。ドライで澄んでいて、りんごのような風味が感じられる。硫酸塩とディアセチル生成は大変低い。

WLP850
コペンハーゲンラガーイースト

希薄化:72~78% フロキュレーション:中 発酵最適温度:10~14.4℃ アルコール許容値:中

澄んだきりっとした北ヨーロピアンラガーイースト。南ヨーロッパのラガーイーストほどモルティーさはない。ヨーロッパスタイルのピルスナー/ダークラガー/ウイーンやアメリカンスタイルラガーに。

WLP862
クライハボック

希薄化:66~70% フロキュレーション:中~高 発酵最適温度:10~12.8℃

チャーリー・パパジャン(Charlie Papazian)からライセンスを受けた酵母。エールとラガーと同じ温度で発酵でき、多種のビールの醸造が可能。

WLP885
チューリッヒラガーイースト

希薄化:70~80% フロキュレーション:中 発酵最適温度:10~12.8℃ アルコール許容値:非常に高

スイススタイル。適切に取り扱うと、11%ABV以上のラガービールを作ることができる。硫酸塩とディアセチルの生成は非常に少ない。オリジナル菌株はマーク・セダム(Mark Sedam)より入手。

WLP920
オールドバーバリアンラガーイースト

希薄化:66~73% フロキュレーション:中 発酵最適温度:10~12.8℃ アルコール許容値:中~高

南ドイツの酵母。少々エステル感を残す仕上がり。オクトーバーフェスト、ボック、ダークラガーに。

WLP940
メキシカンラガーイースト

希薄化:70~78% フロキュレーション:中 発酵最適温度:10~12.8℃ アルコール許容値:中

メキシコシティーの酵母。きりっとした仕上がりの澄んだラガーに。ダークラガーやメキシコスタイルのライトラガーによい。